« うさぽんの絵本 THE GOLDEN EGG BOOK マーガレット・ワイズ・ブラウン | トップページ | サハラ砂漠の砂からできたガラスのぐい呑み »

キューピーさん(たらこじゃないよ)

Op123 キューピーって某マヨネーズ会社の社名&ロゴみたいにもなっているし、日本で知らない人はいないし、ディズニーのミッキーマウスにもひけをとらないほど世界1.2を争うくらい有名なキャラクターだと思うけど、なんとなくアメリカ発?くらいなもので、ルーツを知らない人も多いのではないかと思う。キューピーは1909年、ローズ・オニールさんというアメリカ人女性イラストレーターが作り出したキャラクターで、アメリカの婦人雑誌「レディース・ホーム・ジャーナル」に掲載されたのが最初。皆が良く知っている手を広げたハダカの赤ちゃんのような、キューピー人形は、1913年にドイツで「ビスクドール」と言う形で発売されたものです。愛らしいキャラクターはブームとなり大ヒット、いろいろなグッズが生み出され、アメリカでは「キューピー狂時代」とまで言われ、それは今のキャラクターブームのさきがけといえるものでした。それからいままで、どうもキャラクターの認知が先行している感が否めないけれど、そもそもはローズ・オニールさんが、キューピーの絵物語を「母親が子供に読んで聞かせてあげてほしい」という願を込めて描いたのが最初です。Qp45キューピー」といいうのは1人だけでなく、たくさんいるんです。つまり「キューピー」というのは種族みたいなもので、キューピーヴィレというキューピーちゃんの住む村があり、チーフ、アーミー、クック、カーペンター、オーヴァーシューズ、ガーデナー、ボイス、ライフガード、インストラクター、ボンエット、ブランディブー、それからキューピーとそっくりなお顔をした「キューピー犬(キューピートゥドル)」という、一人一人名前と個性のあるキャラクターが、それぞれの力を合わせて、困ってたり落ち込んでいたりしている人間や、妖精や、お化けや、動物、あらゆる生きとしいけるもの達を一生懸命助けてあげる、心温まるかわいくやさしいお話なんです。ここにはブームとか商戦とか関係なく、ローズ・オニールさんが愛しい子どもを愛で育てるような感じで、自分の世界を大切に表現した姿が見受けられます。イラストをみればそれが良く伝わります。キューピーの誕生にあたってのローズさんのエピソードです

「ある夜、わたしは夢をみました。私の周りを妖精のような小さなものが『キューピー』『キューピー』と呼びながら飛び回っていました。ひとりが小鳥のようにわたしの肩にとまりました。奇妙な感覚がしましたが、すぐに彼らが彼らのおなかのように真ん丸い温かなハートを持っていることがわかりました。そして彼らは哲学であると気づきました。」

どのキューピーさんもけなげで誠実でまじめで一生懸命で明るいです。ローズ・オニールさんはそのようなキューピーちゃんたちの愛の行動、「いいことを楽しい方法(Funny Way)で行う」ことを、「キューピッシュ・ラブ」と呼んだのでした。

某マヨネーズなんかに使われちゃうと、大量生産品というか、あとマスメディアの勢いに流され、どうもその辺の本来の姿が見えなくなっちゃうのが残念です。本当のキューピーちゃんの姿を知って欲しくて今回はテーマを「キューピー」としました。

Qpheart キューピッシュラブを美しい詩とイラストで1冊のミニ絵本にまとめられた「ハートとキューピーOpheart2

ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« うさぽんの絵本 THE GOLDEN EGG BOOK マーガレット・ワイズ・ブラウン | トップページ | サハラ砂漠の砂からできたガラスのぐい呑み »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539143/45190643

この記事へのトラックバック一覧です: キューピーさん(たらこじゃないよ):

» しあわせなワンコのお店 [しあわせなワンコのお店]
しあわせなワンコのお店では ワンコの大きさに合わせて 商品を選んでいただけます^^ 今人気のペットパラダイスやパーソンズドッグも取り扱って おります。 [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 17時19分

» 「クワガタと少年」のアクセス数が急増 [大村あつしオフィシャルブログ「ボクは不死鳥」Powered by Ameba]
本日、たまたま気付いたのですが、動画版「クワガタと少年」のアクセス数が、1週間ほど前から急増していることがわかりました。 どれくらい増えているかと言いますと、一般的な30秒動画に換算すると、視聴回数は20万回を超えました。 「20万」というと、『エブ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 19時41分

« うさぽんの絵本 THE GOLDEN EGG BOOK マーガレット・ワイズ・ブラウン | トップページ | サハラ砂漠の砂からできたガラスのぐい呑み »