« ヤン・クドゥラーチェクさんの河童絵本 | トップページ | Story of…カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶 »

ドゥシャン・カーライ 魔法のなべと魔法のたま

見て見て~と自慢したい、Mahounotama ドゥシャン・カーライさんの「魔法のなべと魔法のたま」、ようやく手に入れました(^^♪。5年前図書館の児童書コーナーで、ふと吸い寄せられるように手にしたこの絵本。何に引かれたかって?それはごらんの通りの、この豊かな色彩のオンパレードに・・・ですよ。美しい・・・。この時はまだドゥシャン・カーライさんが、どれほどの大物かは知らずにいたワタシ(*´ェ`*)。後日「不思議の国のアリス」を見て衝撃を受け、「えっ、この絵は以前図書館で見たあの人のだ!」と気づいたわけです。ずーっと心に残る絵柄だったと言うことですね。私は余程の事がなければ、5年も記憶が持続しない性質なので、レアなケースだということでしょう┐(´-`)┌、それほどのインパクトある絵なんです。

ストーリーは、「むかし、むかし、まずしい教会番が住んでいました。ある日、最後の1羽になっためんどりを市場へ売りにでかけるとちゅう、小人が出てきて、このたまととりかえないかと言うのです。そのたまは望みのものをなんでも、出してくれる魔法のたまでした。それから、教会番とおかみさんのふしぎなくらしがはじまりました。・・・んがっ、事件が次々・・・・・」という、グリムみたいな、ちょっと教訓的な内容ですね。人間の欲望って・・・まあ、あまりネタばれしないようにせねば(*≧m≦*)。

カーライさんの絵葉書や画集は、私はまだ購入はしていませんが、いわさきちひろ美術館森ヒロコ・スタシス美術館でも手に入るようですね。彼の絵本は絶版が多いみたいですが、洋書でDusan Kallay: A Magical World 」という彼の作品を網羅したものも出ているようです。(豪華本で14,000円くらいはするようです。)でも、この絵本は1990年刊ですから、もうなかなか手に入らないと思うので、皆さんも図書館で探してみてください。絶対一見の価値ありです。復刊リクエストもコーナーが出来ているみたいですね。興味がありましたら是非!

ドゥシャン・カーライ

1948年、ブラティスラヴァ生まれ。グラフィックデザイン、挿絵、蔵書票などを中止に活躍するチェコスロバキアを代表するイラストレーター。
1966-72年カレッジ・オブ・クリエイティブアーツで美術を修める。
1973.75年と2度BIB金のリンゴ賞をうけ、「不思議の国のアリス」で、BIBグランプリ。
1988年児童文学における幅広い活動に対し国際アンデルセン賞を受賞。
『12月くんのともだちさがし』『どきどきおんがくかい』『不思議の国のアリス』「鏡の国のアリス』『カエルのおんがくたい』

耳寄り情報!:板橋区立美術館で「開館30周年記念 ドゥシャン・カーライとブラティスラヴァの作家たち」2009年11月21日(土)~2010年1月11日(月・祝)が開催されるようです!

ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!

にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« ヤン・クドゥラーチェクさんの河童絵本 | トップページ | Story of…カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶 »

チェコ絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539143/45080842

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥシャン・カーライ 魔法のなべと魔法のたま:

« ヤン・クドゥラーチェクさんの河童絵本 | トップページ | Story of…カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶 »