« ドゥシャン・カーライ 魔法のなべと魔法のたま | トップページ | ハンヌ・タイナの水彩画絵本 »

Story of…カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶

『Story of…カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶』Cartier1(2009年3月28日~5月31日) のチケットを知人にいただき、東京国立博物館・表慶館へ行ってきました。今回の展覧会を監修するのは、世界的に活躍するデザイナーの吉岡徳仁さん。あまり普段ジュエリーにご縁がない生活を送っているせいか、どちらかというと、いま同時期に平成館の方で開催されている興福寺の『国宝 阿修羅展』のほうが・・・なんて、思ったりして・・正直あんまりピンとこずにいたのですが、一歩暗い館内に足を踏み入れたら最後、もうそこは宇宙空間、数々の星のようにきらめくジュエリーのケースの前に、釘付け状態でした。・・・我々凡人の生活を遥かに超えた、おハイソ、ゴージャスな世界が展開されている空間にたたずんでいると、もう妄想し放題、一度でいいからこんな素敵なジュエリーを身に付け、だれぞかの素敵なエスコートで、夜会かなんかに行ってみたい!と、すっかりありえない夢を見てしまったのでした。夢ならタダだしねッ!Cartier2 「Story of・・・」というテーマということで、見せ方に凝った演出がなされており、ケースの中のジュエリーの背後の空間に「ホノグラム」というんですか?ぼわ~っと映像を浮かび上がらせ、宝石を注文し身に着けたマハラジャやグレース・ケリーや、エリザベートさんや女優さんたちの生き様(Story)と、身に着けていた宝石に込められていた思いが静かに繰り広げられる、この吉岡氏のホノグラムを駆使した宝石とStoryの、見せ方ならぬ魅せ方にまんまとしてやられてしまいました。

ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!

にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« ドゥシャン・カーライ 魔法のなべと魔法のたま | トップページ | ハンヌ・タイナの水彩画絵本 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539143/45140477

この記事へのトラックバック一覧です: Story of…カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶:

« ドゥシャン・カーライ 魔法のなべと魔法のたま | トップページ | ハンヌ・タイナの水彩画絵本 »