« かわいいうさぎちゃん | トップページ | ベクシンスキー »

「The Children of Lir」ガナディ・スピリン

いつだったか池袋のリブロで偶然手にした洋書絵本「The Children of Lir」。Lir この絵本で初めてガナディ・スピリン(Gennady<Gennadii> Spirin)の古風な色合いながら緻密、繊細な水彩イラストを眼にし、衝撃を受け、即ご購入。ストーリーは王様の4人の子どもたちが、継母の策略により4羽の白鳥に変えられてしまう・・・というIrish legendから来ているようで、それはそれは美しい絵本です。調べてみるとSpirinさんはモスクワで生まれで、全米イラストレーター協会より金賞受賞他国際的な賞も獲得されている方なんですね。この時からSpirinさんは、気になる画家の1人として私の中にインプットされたのでした。その後しばらくして、とある小さな本屋さんの洋書セールの中に、これまた「んっ?」と思わせる絵本があり、手に取ると、これまたスピリンさんの「Yakov and the Seven Thieves」だったのでした。しかしストーリー作者名に「Madonna」の文字を発見。Madonnaってあのマドンナですか・・・なんでまたΣ(`0´*)?というところが妙にひっかかり、購入を見送ったのですが、馬鹿でした、私。それもセールだったのに。立ち読みながら目にしたspirinさんイラストは、それはもう誰がなんといおうと素晴らしく・・・まあ、今でもAmazonで買えるようですから、spirinさんの他の作品とともに地道に集めようと思ってます。印刷でここまで素晴らしいなら、ぜひ原画も見てみたいと思ったのでした。

ブログランキングに参加しています!よろしくお願いします!

にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« かわいいうさぎちゃん | トップページ | ベクシンスキー »

絵本」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539143/44881893

この記事へのトラックバック一覧です: 「The Children of Lir」ガナディ・スピリン:

« かわいいうさぎちゃん | トップページ | ベクシンスキー »