« 2010年3月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年9月

ドゥシャン・カーライの絵本Liebeserklarungen an unsere Mitgeschopfe

ドゥシャン・カーライの絵本をコレクション中。

最近手に入れたのが「LiebeserklarunKallayanimal1 gen an unsere Mitgeschopfe」。

Marianne Grafという方の散文詩にドゥシャン・カーライさんが絵を描いたものらしいです。

タイトルは機械直訳すると「我々の仲間の生き物のための愛の宣言」

内容は詳しく解りませんが、たくさんの動物が美しい色彩で描かれています。

やはり絵だけでも十分素晴らしいです。

Kallayanimal2

にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボン書店の幻 モダニズム出版社の光と影

黒田維理、北園克衛といったモダニズム詩人たち。

その著作本の装丁の、まさに芸術と呼べるこだわり具合を知ってから、たどり着いたのがこの本。

Vonshoten  Somethingcoolmini_2

かつて1冊の本を仕上げるのに、その美意識を究極なまでに駆使し、全身全霊をかけて生涯を捧げ、短命に終わった一人の名も無き詩人でもあり出版人でもあった鳥羽茂の足跡を追った「ボン書店の幻」。

北園克衛の「若いコロニイ」はボン書店の最初の刊行詩集だった。

まだ若くそう名前も知られていない新鋭たちの詩集をシンプルな、でも瀟洒な、センス溢れるスタイリッシュな形で生み出したのが鳥羽茂の感性であった。

これは白地社から1992年に出版されたものを2008年ちくま文庫で文庫化されたものであるため、文庫化にあたり初版時には掲載されていない「文庫版のための少し長いあとがき」が後ろに加筆されており、最初の出版後、著者が鳥羽茂の生涯を閉じた地・大分にその足跡を訪ねていく様が綴られている。

血縁者からさらにその素性が明らかにされ、そこで始めてその名前も「しげる」ではなく「いかし」という名前であることも判明する。

出版人、詩人。世間でどう呼ばれようと、私は彼が、名もなき一人の芸術魂を持ったアーティスト以上のなにものでもなかったと思う。

にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2011年1月 »