映画

マイケルのthis is it ポスター

マイケル・ジャクソンの映画「this is it」。公開と同時に即見に行ってきたんですけど、マイケルのエンターテイナーとしてのプロ意識にとても感銘をうけました。やっぱり偉大な人物だったマイケル。ゴシップはいっぱいあったし、ちょっと色眼鏡でみていたというのが正直なところだけど、映画から伝わってきたのは、音楽やエンターテイメントに対するマイケルの熱い思い以外のなにものでもなかった。私生活では幸福だったとはいえないかもしれないけどそれと引き換えにしてでも成し遂げえたものが彼の生涯にはあった様に思う。彼を突き動かしていたのは才能だけでなく、使命感、強い意志だったのかも。リハーサルでスタッフと意見が合わなくても「対話」で相手と根気強くコミュニーケションを取り理解を得ながら、だけど妥協はしないで地道に事を進めていくマイケルの謙虚な姿も以外だった。でもその姿勢が彼をここまでビッグにしたんだなと。つくづく。

で、本編が予想外に素晴らしかったので、急遽ファンになってしまった現金な私ですがsmile、またこの映画で他にも私の目を釘付けにしたものがあります。

それは

「ポスター」!

Michael

劇場で見てその素晴らしいセンスにくぎづけ!誰がデザインしたんだろう。超ステキだ!マイケルのシルエットが、その華やかな生涯をあらわすようにきらびやかに浮かび上がる。そのシルエットの中に彩られているのは本来ならば「This Is It」の公演で見ることができたであろうマイケルの勇姿。

さすがどこまでも妥協を許さないマイケルの意志を汲んだかのようなプロフェッショナルなデザインだ・・・感服。

にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)